再会

久しぶりに学生時代のときの友人に会うことになった。
ずいぶん長いこと会ってなかったのでとても楽しみにその日を迎えた。

待ち合わせの時間にひとり遅れてくることになり、私は別の一人と合流するために足早に。
なんとか待ち合わせ時間内には到着することができた。
けれど待っても待っても一向に現れない。

そういっている間に30分が過ぎた。
到着時に連絡は入れていたけどまだ既読にならない。

何かあったのかなと思っていたら別の一人が到着。
それからすぐに待っていた友人が現れた。
ふたりともなんの言葉もない。

たかが30分でもわたしにとってはされど30分。
久しぶりに会えると思って楽しみにしていた気持ちが一気に覚めてしまった。
たぶん何らかの事情はあったのだろうけど説明がほしかった。

合流してからは昔話やそれぞれの近況話で盛り上がった。
帰るころにはさっきまでの出来事を忘れるくらいだった。

自宅に帰り着いてさっきのモヤモヤがまたよみがえってきてしまった。

それぞれ時がたって学生の時みたいに言いたいことをお構いなしに言えなくなったこともあるのかな。
今思えば私から聞いてみればよかったのかな。
自分から言いにくいことがあったのかもしれない。
私自身が心配や気になったのであれば自分から事情を聞くこともできた。
今になり反省。

いつからこんな風になってしまったのだろう。
少し寂しい。