病院の待ち時間が長くて長くて大変だった。

午前10時に病院を予約していたにも、関わらず診察で呼ばれたのは12時近くになってからでした。
とても長かったです。予約の意味あるのか?

何で待ってる人少ないのに、呼ばれないんだろう?と疑問に思っていました。
急遽、手術が入ったそうです。仕方ないですね。
せめて先生が手術入ったから、お待ちくださいって案内してほしかったです。

今回は仕方ないにしても、いつも1時間は待ちます。
予約入れ過ぎじゃないか?と思っています。多分みんな思っていると思います。
どう考えても時間が押すんだから、予約数減らしてくれたらいいのに!

待つだけでとても疲れましたし、何より家に着いたのが午後1時…
朝ごはんは、サケ茶漬け食べただけだったから余計にお腹がペコペコでした。

しかし絶対に待つと思っていたんで、ケチャップライスをあらかじめ作り置きしていました。
これが功を奏して、卵を焼いて、インスタントスープをつければ、オムライス完成です。

昨日の自分に感謝です。本当に下準備しておいて良かった。
これがなければ30分以上はオムライスにありつけなかったでしょう!

お腹が減った時の食事は格別ですね。
あっという間にペロリです。

とりあえず、病院は待つもの!作り置きしておくと素晴らしい!ってことです。

最近のストレス

ここ数ヶ月、
月の後半の仕事は全部私がやっている。

資料作りから、内容の構成、人数集計、
部下の教育なども全て。

こんなに人間が居るのに、誰も自分から率先してやらない。
指示が来るまで、ずっと待ってるからびっくりだわ。

最近の若い子って、こんなもんなんだろーなって痛感。
いやいやちょっとは自分で仕事を生み出してーって思いながらも我慢。

そんな指示待ち達に、
全部やる事教えて、タダ働き同然の残業を毎日こなしてる。

そんこんなで、
朝から晩まで働き、くたくたになって帰ってきたら、
家じゃあ、旦那がTV見ながらゴロゴロしてるわけで…

最近仕事を辞めて、転職活動中の旦那。
だから毎日毎日家に居る。

辞める前は「俺、家の事全部やるからなー任せろ」
とか言ってたくせに、

結局のところ、ご飯の準備も、掃除、洗濯、買い物、全部私が今まで通りやってるし。

そして、
「おかえりーお腹空いた」って言ってくる。
本気でムカつく瞬間1。

もう作る暇なく、昨日と同じメニューで残り物を出せば、
「昨日と一緒じゃん(笑)」って言ってくる。
本気でむかつく瞬間2。

「だったら自分で作りゃーいいじゃん!てかTVばっか見てないで何かする事ないわけ?!」
「は?!俺だって今までめっちゃ働いてきたわ!今くらいゆっくりしてもいいじゃんか!!」

こうやって喧嘩が始まるわけで。

家も職場もどっと疲れる毎日。
あーどっか一人で逃避行の旅に出たい。

再会

久しぶりに学生時代のときの友人に会うことになった。
ずいぶん長いこと会ってなかったのでとても楽しみにその日を迎えた。

待ち合わせの時間にひとり遅れてくることになり、私は別の一人と合流するために足早に。
なんとか待ち合わせ時間内には到着することができた。
けれど待っても待っても一向に現れない。

そういっている間に30分が過ぎた。
到着時に連絡は入れていたけどまだ既読にならない。

何かあったのかなと思っていたら別の一人が到着。
それからすぐに待っていた友人が現れた。
ふたりともなんの言葉もない。

たかが30分でもわたしにとってはされど30分。
久しぶりに会えると思って楽しみにしていた気持ちが一気に覚めてしまった。
たぶん何らかの事情はあったのだろうけど説明がほしかった。

合流してからは昔話やそれぞれの近況話で盛り上がった。
帰るころにはさっきまでの出来事を忘れるくらいだった。

自宅に帰り着いてさっきのモヤモヤがまたよみがえってきてしまった。

それぞれ時がたって学生の時みたいに言いたいことをお構いなしに言えなくなったこともあるのかな。
今思えば私から聞いてみればよかったのかな。
自分から言いにくいことがあったのかもしれない。
私自身が心配や気になったのであれば自分から事情を聞くこともできた。
今になり反省。

いつからこんな風になってしまったのだろう。
少し寂しい。

「友達」ってどういうものなの?

小学四年になる息子の言葉がどうも理解できません。

いつも近所の子と遊んでるくせに
「近所には友達が居ない」
って言うんですよ?
はぁ?ですよね~。

一緒に遊ぶ子は友達じゃないのかよって突っ込みたくなります。

同じクラスに普段遊んでる子も居ます。
だけど、
「同じクラスにも友達が居ない」

息子の考える友達の定義が分かりません。
一緒に遊んでたら友達なんじゃないのかなって思うんですが…。

旦那にも話しましたよ。
そしたら、旦那は怖いことを言い出すんですよ?

「そのうち、僕には家族が居ないって言い出すんじゃない?」

やめてくれって感じです。

友達と言っても、それぞれの考えがありぶつかって喧嘩もしますよね?
息子に言わせるとそれはイジメ。

「○○君と遊ぶと苛められるから嫌なんだ。」
息子の口ぐせです。

長男だからなのか、みんなが自分に従って当たり前みたいに思ってる節もあるんですよね。

下の子が産まれた時、よく言われますよね?
「お兄ちゃんだからって言うのはダメだよ」
って。
だから、下の子が産まれてもその言葉は言いませんでした。

その結果、自分本位になってしまったような気がします。
自分の意見が通らないとすぐに怒り出します。

話は戻りますが、そう言うのを考えると息子の言う友達って自分に従う子なのかなって。
もし、そんな風に思ってるなら親としては悲しいですけどね。

なんとか、改善していきたいんですけどね。
どうしたらいいのかなぁ~。

 
おすすめの情報サイトなら
http://www.asics-fc.com

与えられるという自由というか幸せ

夫婦生活をしてて早数年。だんなちゃんとパートナーシップを築いていきながら、自分自身の至らないところや成熟度をものすごく見せられる思いがすることがよくある。夫婦は鏡だというけど、本当にそうだよ笑。相手を通してわが身を顧みたり反省したり、もっと成長したいと思わされる部分がたくさんある。
例えば、与えるということ。物質的にではなく、自分自身を惜しみなく与えるだんなちゃんの在り方を見ていると、自分が人としての未熟さを知らしめされてこっぱずかしくなるほどだ笑。でもおかげさまでダッセエな自分!と思えたし、いい意味で変わろうと思えた。自分の幼稚なところ至らないところ嫌なところに気づかなかったり向き合いもしなかったら今みたいに成長も願わなかったかもしれない。
自分のこともちゃんと尊重して、やりたいことは自分なりにやり遂げながら相手のこと周りの人たちのことを慮ったりできる余裕を持てるように努めたり、こうあってほしい、あああってほしい、こうしてほしいと求めているばかりの在り方から能動的に与える側になったとき、自由や幸せがあると思う。それを大人とか成熟していると呼ぶんだろうと思うし、これからも成長を続けたい。ありがとうだんなちゃん!